トイレにつかまれる手すりがあると便利

私の祖母の家は、バリアフリーにしていて手すりも多くあり安心して住むことができる家であると思っています。特に感じるのは、なんといってもトイレの手すりです。トイレは、血圧が変動しやすい場所なので特に注意が必要です。寒い時に、血圧が上がり暑い時にはフラツキがあるなどとても危ないと思っておく必要があります。
そんな時、元気な私でも病気がちな時にはトイレでふらつくことが何度もありました。元気と思っていても、いつ状態がわかるのかわからないものですね。そんな時、危ない場所のトイレだけは手すりをつけておくべきだったなと後悔をしています。
ふとした時にふらついたりすると、さっとつかまることができますね。そのまま倒れ込んでしまうと、頭を打ってしまう危険性もあります。今後のことを考えて、手すりというのは必ず必要であると思うようになりました。先に作っておくのが、一番ベストです。家を建てる時には、そんなことを思いませんでしたがトイレだけはとても重要な場所と思っています。