東京の副都心とも言われる錦糸町界隈

東京の錦糸町は実は墨田区に位置していて、家を買うのに最適な場所になります。総武線の錦糸町駅を中心とした「錦糸町・亀戸副都心」としても指定されています。 錦糸町駅はJR総武線の他にも東京メトロ半蔵門線が乗り入れています。

其の錦糸町はJR錦糸町駅の総武線によって商店街や繁華街、盛り場などは、南北に分断されているのも特徴でしょう。 其の北口は城東エリアとも言われる比較的高級な住宅街エリアを構成していて、近年になって再開発が進んだところでもあります。

其の北口は古くからの住居地域でもあり、住むならこの辺りのエリアが理想のようにも思われます。 そして、このエリアはその主主要な商店街としては「北口商店街」というのが有名ですね。

商店街については庶民的な食品や生活用品、其れに服飾や雑貨を売る店やレストラン、グルメ、スイーツなどの駅から放射状に軒を連ねています。 その北口商店街は、地域住民や通勤途上の帰りのサラリーマンたちに大いに役に立っているようです。

また、錦糸町界隈は商店や路地などの所謂、昔ながらの江戸情緒も未だ残している街でもあり、路地の名前や掘割の橋の名には昔からの名前がそのまま残っているのも良いもんです。 更に、周辺は意外と思われるほど公園なども多く、緑が豊かな地域でも有るのです。 それに何と言っても東京スカイツリーが2km程のところにあって、錦糸町界隈のどの区域からでも眼前にタワーが目に入るところでもありますよ。